朝食は決まってトーストです。

私の食生活は基本的に、一日3食です。

ですが、週末は2食が基本となっております。


まずは
平日ですが、朝仕事前に朝食をとります。

コーヒー

朝食はずっと変わらずコーヒーとトーストがお決まりです。

朝から、ご飯など和食はなかなか身体が受け付けず
今のメニューがちょうど自分にあっています。

そして昼食は、社員食堂を利用しているので毎日変わります。

揚げ物がメインの日もありますし、煮魚などあっさりとした和食のときもあります。

ですが基本的には、メインのおかずと小鉢が2品とお味噌汁に白ご飯というスタイルです。

そして夕食は一人で家でとることが多いので簡単なものが多いです。

基本的には野菜中心としたメニューを心がけています。

それにたんぱく質を取り入れるために、豆腐やたまご、たまにはお肉を焼いたりして、その時の気分によって変わっていきます。

たまに外食をします
その時はだいたい、やすい居酒屋が多いです。

基本的におつまみとお酒という感じでオーダーします。

自動車保険の更新

後から面倒が起きないように住民票の転出と転入手続きは忘れずに行おう

引越しによりお住まいの自治体が変更になる場合、市区町村役場にて住民票の転出入手続きが必要になります
まず、転居する自治体の役場で転居日の14日前から、転居後14日以内の間に転出届を提出しなければなりません
遠方に引越す場合などは、手続きのために戻ってくるのは大変ですから、転居前に行っておきましょう。

届出にあたっては役場で用意される申請書類のほか、本人確認書類が必要です。


なお、ご本人が仕事や学校で
忙しく、役場の開庁時間に手続きができない場合は代理人による届け出も可能ですが、その場合は委任状と代理人の本人確認書類が必要になります。

引越しが済んだら、今度は新しく暮らすことになる自治体の役場で転居の日から原則として14日以内に転入届を提出しなければなりません。


役場に備
え付けの申請書類と本人確認書類のほか、転出した自治体で発行された転出証明書が必要ですので、転出届を行わずに転入のみすることはできないので気を付けましょう。

?引越しのお勧めのタイミングについて説明させていただきます.html”>原則として3ヵ月以上その自治体にいないと、新しい場所での選挙ができませんので、滞りなく済ませておきましょう。


絶対に損をしない引越し業者の選び方